いろいろな趣味や活動。伊那谷のフィールドが楽しさでつながる。


リニア飯田駅に想う。私なりの提案。

リニア時代を迎える南信州『輝く伊那谷のリニア飯田駅』の提案

アルプスフォーラム リニア飯田駅勉強会  新井優

 東海道新幹線のバイパスとして、また東京・名古屋・大阪を結ぶことにより世界最大の経済圏(スーパーメガリュージョンと言うそうです)の形成を目指すリニア中央新幹線もいよいよ着工の段取り。たった四つの中間駅の一つに飯田駅が出来ます。

 東京への移動時間日本一を誇った飯伊地区ですが、有史以来の地域の幕開けです。リニアでもたらされる恩恵の果実を地元の人々が食えるようになんとかしたいと今まさに地域を挙げての基本構想づくり(勉強会)が様々行われています。

 

 地元で不動産鑑定士を営む寺沢秀文氏は、『「地価」は「地域力」のバロメーターと考える。そういう観点でみると、東北新幹線の延伸地区の新青森駅、二戸駅、七戸十和田駅でいずれも下がっている。特に新青森駅では駅周辺の土地には保留地が多く閑散としているのが現状だ。飯田下伊那は山の中の割には高い地価、まだ目立った不動産取引増加や地価変動は見られない。総体的な人口減、ストロー現象の可能性を考えると何もしなければ地価の下落も予想される。リニアの来ることを前提に活かすことのできる地域に向けて英知を結集したい』と冷静に分析した。

 過去の新幹線駅とその周辺でおこってきた事象は以下のパターンに大別できる。

①.元々ポテンシャルが高く新幹線乗り入れ等の相乗効果の認められるもの

               博多、金沢、軽井沢

②.新幹線は来た(来る)ものの駅前はガラガラ、中心市街地もガラガラというもの

 1.郊外新駅 新青森、七戸十和田(東北)、新高岡、上越妙高、黒部宇奈月温泉

 2.既存駅  二戸(東北)、出水(九州)、上田、飯山

③.郊外新駅周辺は新商業地となったものの従来の商店街が低迷している街

                                  佐久平と岩村田

④.珍しい駅前のパターン・・・築後船小屋(九州。駅前が河川公園)

 

以上の4つのパターンを飯田でも繰り返すのだろうか。駅をハードと捉え機能だけでものをつくると、そうした状況に陥ってしまう。無難な先例主義でのものづくりでは魅力は生まれない。小さくても良いので知恵をしぼり成功事例を積み重ねて行く事が、経済規模の小さな飯伊地域での進め方と思う。

 

リニアがもたらすのは物流ではなく、人、ソフト、システム、流行、センスなど巨大な情報の動きだ。これらの経済とリンクした最先端の情報がいまだかつてない勢いで流動化することが予想される。今、多くの市町村が目指す若者の定住や企業誘致の施策はリニアの前に立ち向かえるのだろうか。

リニア時代に地域がどう輝いていけるかだが、リニアの目的が前記のスーパーメガリュージョンの形成にあるとすれば、その中で伊那谷がどのような役割を担えるかが重要になってくる。足元をみると、飯伊は県内の長野や松本に比べ、第一印象が薄い地域。しかし、飯伊に定住したり農業体験で何回も通っている方も多い。これは一般的な観光の視点から、地域や人、コミュニティーというもう一つの扉を開けた人が飯田ファンになってくれている。そんな奥行きの深さが最大の魅力であるが、明文化やPRしにくい部分を、もう少し分かりやすく伝える努力をしないと、地域の魅力がアピールできない。逆にアピールできた場合の効果はリニア時代では計り知れない。

 

 そのためには、住んでいる私たち自身が問題意識を持ちながら輝く姿勢を見せなければ、魅力を発信することができない。この地域の生活(仕事や遊び)を楽しんでこその魅力の発信です。そういう観点からアルプスフォーラムで考えたのが、道の駅の案にも関連するが、一つひとつの個性ある町村や人々の暮らしが輝いてこそ、地域の魅力が見えて来るという考え方。飯田下伊那のマス的な観光地ではなく、「大都市圏の近くの田舎」としての魅力を伝える場が必要だという考えから、『輝く伊那谷のリニア飯田駅』案を考えた。行くだけで楽しいウイーンの市場をイメージしている。

この案に伊那谷の全ての市町村にリニアの恩恵をつかんでほしいという願いを込めた。ターゲットはリニアの乗降客ばかりではなく、地元の人にも焦点を当てている。駐車場ばかりでがらがらの駅にするのではなく、リニアに乗らなくても駅周辺を地元の人が行きたい場所にするという視点も大切だ。

 

今回の計画の背景として、暮らし・自然、そこで行われる農業が連綿と何百年と続いてきた農村景観が飯田の魅力の基本的なところ。もう一つは両岸に3000㍍級の山を控えた日本一の谷。これはヨーロッパアルプスにも負けないといわれる。ただし、いってみればどこにでもある田舎、自然。これが東京とリニアで40分でつながるということが一番のポイントになる。東京都飯田市、八王子に住んで都心に通うという感覚に、リニアによって意識が変わっていくことを期待し、そうならなければリニアの効果はもたらされないと思う(大都市に無い人間らしい生活が出来る地域として)

 

そこででてくるのが“なぜ飯田か”という点。飯田に企業を構える、住んでもらう上で、なぜ飯田なのかということをもっと育てていかなければならない。システムと顧客を抱えた企業が来て利益を持っていかれるのではなく、リニアの経済効果を地元の人たちが回していかなければならない。そのためには、急ぎすぎず方向をしぼって進化させることが必要。それが目指すべき『日本一の田舎=小さな世界都市』になる。

 

地域材の取り組みの中でブランド化を体験してきたが、ブランド化とは以下の三つ1,自ら生み出し、自ら育て、自ら守っていくこと。2,地域が狭くなればなるほど価値を増す。「南信州の売木村の農園の誰々がつくった野菜はおいしい」というところまでしぼらないと魅力が生まれない。3,ブランド化イコールシステム化であり、売る術を持つこと。生産コストや流通、マージン等のサービスコストを地元に残すことが農業のみではなく、全ての産業の目指す所。

そして《自発的な地域経済の活性化》とそれによってもたらされる働く場所の拡大こそが魅力ある定住につながる最終目的。この魅力があってこそ選択される地域になれると思っている。この地に活き活きと暮らす姿こそが一番の魅力である事は私たち一人一人はすでに実践している事ですが、分かりやすくその魅力を表現するには『日本一の田舎』を目指すくらいに今ある歴史文化や伝統を基礎として、さらに進化が必要ではないだろうか。

 

以上の考え方が一目で視覚化される『輝く伊那谷のリニア飯田駅』案を提案する。どんなに立派な考え方でも、出来た形(ハード)でイメージを伝える事が出来なければ考え方も死んでしまう。このエリアの行く末を無難な先例主義に陥らずに、勇気を持って伊那谷の住民全てが誇りを持てる場所になるようにしたい。